創造性の高い組織が実践する8つの作法:01
自分から仕事を楽しむ

現在の日本企業における、組織の創造性はどのような状況にあるのか、20歳〜69歳の就業者1,000名を対象にした調査研究で、アンケート調査を実施、分析を行い、「創造性の高い組織が実施する8つの作法」としてまとめました。第1回は「自分から仕事を楽しむ」という作法について。

組織の創造性 調査結果1

仕事の楽しさは、個人の創造性に対して強いプラスの影響を与える。また、仕事に対する姿勢として「自分の才能や能力を発揮するため」と答えた人の方が「お金を得るため」と答えた人に比べて創造性が高い傾向が認められる。個人が内発的動機付けから楽しんで仕事ができるように、組織には適材適所の人材配置や適切な評価制度などが求められる。


様々な局面で「自分から、仕事を楽しむ」姿勢が 組織の創造性を向上させる。

本研究のアンケート調査において、「仕事の楽しさ」について、「全く楽しいと感じていない」から「非常に楽しいと感じている」の5段階で回答してもらい、その結果からモデル分析※2を実施。すると、「仕事を楽しいと感じている」ことが非常に強く個人の創造性にプラスの影響を与えることがわかった。具体的には、「全く楽しいと感じていない」人の創造性を基準とした場合、「非常に楽しいと感じている」人の創造性のスコアは、100点満点中32点もプラスになる。すべての回答者の創造性スコアの平均点は66点であることからも、いかに「仕事の楽しさ」が創造性に与える影響が大きいかが理解できる。

※2 モデル分析:回帰分析のことで、数学的モデル(関数)を構築し、分析対象の変数を、他の一つ以上の変数によって説明・予測するための手法

しかしながら、「仕事の楽しさ」について、「非常に楽しい」と回答した人は、全体の6.6%しか存在しておらず、「全く楽しいと感じていない」人も8%にとどまった。つまり、ほとんどの人が仕事を「楽しい」とも「楽しくない」ともいえず、そもそも仕事に対して楽しむという価値観を持っていない状態にあることがみてとれる。したがって、一人ひとりの個人が様々な局面で、「自分から、仕事を楽しむ」のだという価値観をもち、そのような姿勢で仕事に臨むことが、組織の創造性を向上させる第一歩であるといえる。