WORK STYLE MAP:序
新しい「働き方」は人と企業のあり方の拡がりから

WORK STYLE MAP:序新しい「働き方」は人と企業のあり方の拡がりから

あなたは今の働き方をどのように考えていますか?
時間や場所にとらわれずに働きたいと思うことはありませんか?
自分の環境、状況が刻々と変わり、同じ業務がずっと続くわけではないのに、
作業する時間や場所はあまり変わらない。
それぞれの、人と企業の関係から働き方のデザインを考えるのは、
現代を生きる私たち一人ひとりに課せられた使命です。
この BOOK には、あなたが「働く」を考えるためのヒントをまとめました。
なぜ働き方の変革が必要なのか、どのように変えるのが適切なのか、
そのために今から何をすべきかー。
一つひとつを紐解いていきます。

働き方の可能性も拡がっていく

人と企業の関係を拡張すると、時間、場所だけにとどまらず、行動やこころも拡がっていく。拡がり において、どのような働き方をするか、創造的に考えることで、豊かな体験を伴った新しい価値が生 まれます。働く場所はオフィスだけではありません。家、街、学校など拡がる時間と場所のなかで生 まれる出来事を持続的な働き方の体験価値としてデザインすることが大切です。

どのように働き方の拡がりをデザインするか

どんな方法があるだろう? 一つひとつ、ともに創っていけばその先に、新しい働き方をしているあな たの姿がみえてきます。

「人」と「企業」の存在を中心に据え、その関係性から人、場、情報の最適なあり方を考えていきま す。WHY・なぜ働き方を変革するのか、HOW・どのように達成するのか、WHAT・達成するには何 が必要か一一の答えを紡ぎ出し、そこで浮かび上がってきた理想的な働き方のイメージから、自己と 組織の変革ビジョンを描きます。

企業風土、職種、業種などによって働き方はさまざまです。そのため、組織一つひとつの現状に即し た、その組織だけのストーリーを「体験」というエピソードの形で設計します。その際に重要な視点 が「人がイキイキと働ける体験づくり」です。併せて生産性・創造性・健全性といった面を考慮し、 その組織にとって最善のストーリーを設計します。

自己と組織の変革ビジョンと、それを実現するためのストーリーを踏まえ、個人の働き方を自在にア レンジできる空間のあり方を考えます。組織に属しながら、個人が行動の自由とこころの自由を獲得 できることが理想の姿。人と企業の関係から、時間と場所の使い方をデザインし、ともにかたちづく っていきます。

拡がりから生まれる多様な働き方

拡がりの先に、どんな働き方が待っているのか。 そしてその働き方は、私たちワーカーをどう変えるのか 次回は、社内外の13のシーンごとに、 働き方の拡がりがもたらすワーカーの意識や行動への変化を、 ペルソナ別目線のショートストーリーにして紹介していきます。


※掲載されている情報は「WORK STYLE MAP」(2019年12月発行)より