WORK STYLE MAP:
03 人と人をより強固に結びつける対話スペース/
04 人が集い、人がつながるキッチン

対話の価値が高まると個の力が上昇する

働き方や働く場が自由になり、個というものに意識が向きがちな時代。だからこそ、他者との対話・コミュニケーションはより重要なものになる。


STORY07:対話でしか得られない情報に価値が

gender :男性
age :26歳
occupation:若手営業職員

物心ついたときからPCが身近にあり、検索をかければあらゆる情報に瞬時にたどり着ける時代に育った。検索をかけても答えが見つからない問題と出会ったのは入社後。例えば顧客の信頼を得る方法だ。これは先輩らの経験や記憶の中にしか蓄積されていない。「なんでも自己完結できる時代にこそ、対話の中からしか生まれない価値が大切になる」。これはある先輩社員の口グセだが、これを聞いて以来、仕事との向き合い方が大きく変わった。


STORY08:今も昔も部下との疎通に対話は欠かせない

gender :男性
age :52歳
occupation:営業部長

毎朝一人ひとりに挨拶したり、雑談を心がけている。日常の対話から、部下の気持ちや困りごとなどを知ることも多い。そんなことが、働き方が多様化した今難しくなった。だからこそ1対1で対話する機会が非常に大切だ。ただ自分が若い頃、上司との対話は非常に緊張したものだ。部下に圧迫感を感じさせない座り方などの工夫も必要だ。仕事以外の話も気軽にできる信頼関係こそチーム力だろう。


STORY09:対話をあえて意識する。それが自然になる

gender :女性
age :37歳
occupation:営業課長

知識欲が高くてなんでも質問してくる若手と、部員一人ひとりに常に気を配っている部長。そんな二人がなにやら熱く語り合っている。最初は静かだったスペースから徐々に声がこぼれはじめ、社内のみんなに二人の熱量が届くまでになった。どうやらより熱っぽく語っているのは部長の方のようだ。対話の内容からすると、自分は役立ちそうな情報を持っている。二人の議論に混じることにしよう。


オフィスのキッチンが新たな発見の場に

リフレッシュの場としての機能に加え、料理も行えるキッチンをオフィスに用意。生活の基盤である“食”を介したコミュニケーションが広がる。


STORY10:チームクッキングで見えた意外な側面

gender :女性
age :34歳
occupation:企画開発部チームリーダー

今日はオフィスのキッチンで行われるチームクッキングデイに初参加。お昼休みにチーム内有志と一緒にランチを作る。仕事は几帳面な部長が食器を雑に扱うなど、それぞれの意外な一面が見られて面白かった。一番驚いたのは、普段おっとりしていて少し頼りない感じのA君が、料理となると目の色が変わり、段取りもよく味付けや盛り付けも最高だったこと。得意分野なら企画も進行も問題なさそうだ。今度社内イベントの企画を任せてみよう。


STORY11:部門を超えた出会いをキッチンで

gender :女性
age :25歳
occupation:一般事務

仕事は営業の事務サポートが中心で、ほかの部署の人と話をする機会はあまりない。そんなとき、オフィスのキッチンで毎週金曜日にさまざまな部署の人が集まるランチ会が開かれていると聞き、面白そうなので参加してみた。評判の店からケータリングを取り、みんなで配膳とテーブルメイクをしておしゃべりしながら食事する。初めて会う人ばかりだったけど、食事しながらだとすぐに打ち解けられるからいい。金曜日が楽しみになった。


STORY12:仕事の合間の気分転換スペースにも

gender :男性
age :32歳
occupation:マーケティング部係長

最近、オーガニックのキリマンジャロコーヒーを淹れるのにはまっている。アイデアに詰まったときは、キッチンに行って華やかな香りと酸味の利いた味わいでリフレッシュ。チームでのブレストの休憩時間にも、お菓子と一緒にメンバー全員分を用意したりもする。仕事にちょっとした気分転換は必須。元気のない後輩を励ましたいとき、外での飲みには誘いにくいとき、オフィスのキッチンでのコーヒー一杯なら気軽に声をかけられる。


※掲載されている情報は「WORK STYLE MAP」(2019年12月発行)より