WORK STYLE MAP:
09 オフィス機能を備えた家/
10 外部との接点を生むシェア・サテライト

テレワークの設備を整えた家でライフもワークも追求する

キャリアを中断することなく、家族との時間も大切にする。働きながら新しいテーマにも挑戦する。そんな経験が、これからの仕事でも大きな糧になる。


STORY25:自宅でキャリアと子育てを両立

gender:女性
age:33歳
occupation:総務部主任

会社への電話連絡を終え、ベビーベッドに目をやると、子供が気持ちよさそうに寝息を立てている。テレワークを始めてから、時間に追われるような感覚なしに、安心して、じっくり仕事に取り組めるようになった。通勤の必要がないため、家族との時間に加え、自己研鑽の時間も前よりとれるようになった。仕事を続け、スキルアップもできるのは本当に有り難い。夕食の準備に取りかかる前に、週一日の出勤日である明日の準備を済ませてしまおう。


STORY26:地域のボランティアで視野が広がる

gender:男性
age:42歳
occupation:法務部副部長

毎週木曜日は、朝と夕方、地元の小学校の通学路に立って登下校を見守るボランティア活動をしている。朝、子供たちを見送った後は、在宅勤務制度を利用して自宅で働き、下校時刻になったら再び通学路へ。子供の笑顔に元気をもらいながら、平日の我が街の様子もさりげなく観察している。ボランティア仲間との会話からも得ることは多い。仕事をしながら地域と関わることで、視野も広がった気がする。


STORY27:在宅勤務と副業制度で広がるキャリア

gender:男性
age:55歳
occupation:人事担当役員

会社の在宅勤務制度と副業制度をうまく活用し、地域の外国人に対する日本語講座の講師を週に二日務めている。海外赴任が長かったものの英語は使っていないと忘れてしまうため、社会貢献や副業だけでなく自己研鑽という側面からも、今後の自分のキャリア形成にもきっと大きなプラスになるだろう。活動日は、教室の時間まで自宅でテレワーク。書斎での作業は、業務によっては会社よりずっと効率がいい。


シェア・サテライトの活用でもっとさらに自由自在に

家、会社、そして新たな出会いを創出する第三の居場所。その活用は「ほかにないから」ではなく、「ここにしかない価値があるから」と積極的な理由になる


STORY28:仕事に自分に。時間が無駄なく活用できる

gender:男性
age:40歳
occupation:企画開発部プロジェクトリーダー

さまざまな分野のプロフェッショナルが多く関わるこのプロジェクトでは、会社が経営する社外のコワーキングスペースで会議を行うことが多い。周りを気にせず発言することができ、結果的に有意義な議論が期待できるからだ。今日も大いに盛り上がり、予定より一時間も早く会議が終わった。仕事は順調だが、最近はお腹回りが気になる。せっかくだからこの一時間は、フィットネスジムで汗を流す時間に使わせてもらおう。


STORY29:積極的な外部交流で仕事の幅が拡大

gender:男性
age:38歳
occupation:フリーランサー

〇〇会社のプロジェクトに参加している関係で、このシェアオフィスを紹介してもらい、週三日、個人オフィスとして利用させてもらっている。月に二回交流イベントがあり、スタッフが積極的にマッチングをはかってくれたおかげで、新規の仕事にもつながった。普段の業務では出会えない人たちとの体験の共有から生まれる交流は、新しい知見と刺激にあふれ、仕事の幅が拡がっていると感じている。


STORY30:若手に“探索”できる能力を磨いてほしい

gender:女性
age:50歳
occupation:人事担当役員

「これからのビジネスでは“深耕”だけでなく“探索”も求められる」。先日参加したセミナーで登壇者が力説したこの一節に、大きくうなずきながら聞き入っていた。自社を顧みると、やはりまだまだ深耕の側面が強い。でも目まぐるしく変化する今の時代を生き抜くために、探索する力は必須の能力だ。だから若手を中心に、色々な人が集まるコワーキングスペースを積極的に活用させている。そこで自ら探索できる力を身につけてほしい。


※掲載されている情報は「WORK STYLE MAP」(2019年12月発行)より